結婚式で必要になる席次表や招待状について

他の結婚式と差をつけるための招待状や席次表

ハートのカード

結婚式のペーパーアイテムで、知っておくと良い情報について紹介します。
招待状は、ゲストに向けて一言添えると好印象です。
印刷だけですと気持ちが伝わらないので、一言メッセージを加えるだけでも特別なものになります。
その他大勢ではなく、あなたも大切なゲストの一人だということが伝わるのです。
また思い出のある場所や地域で結婚式を行うときには、招待状に文章を書き添えます。
思い出の場所だと伝えると、ゲストの式への期待が膨らむのです。
新郎新婦と想いを共有でき、よりゲストとの絆が深まる効果もあります。
席次表は、テーブルコーディネートと雰囲気を合わせるとおしゃれです。
春ならさくらや夏ならひまわりなど、季節の花を添えても雰囲気が出ます。
席次表にメッセージを添えるのはもちろんのこと、待ち時間を有効に使ってもらうための工夫も大切です。
席に二人へのメッセージが書けるカードを用意すれば、退屈にならずに式までの時間を過ごせます。

シャンパンで乾杯

結婚式の招待状や席次表を作成時やゲストに送る時、注意したい点について紹介します。
招待状は、結婚式の2か月前までにゲストに届くように手配します。
注文したいショップに足を運び、実際に見てデザインや中身を確認します。
ゲストの手元に届くものなので、しっかり自分たちの目で確認することが重要です。
発送する2か月前を過ぎてから手元に届くと、誰かの穴埋めのように感じるので注意が必要です。
万が一欠席者が出たときには、ゲストの穴埋めはしないようにします。
どうしても増やしたい場合には、既婚の友人などに二人分のご祝儀はいらないから夫婦でと招待します。
席次表は、意外性があるデザインや二人らしいものが好まれます。
手作りの場合でも注文の場合でも当日までに間に合えばいいという考えはやめて、余裕を持って作成します。
こちらもゲストをおもてなしする大切なアイテムなので、実際に見て確かめます。
デザイナーと相談しながら作り、ゲストに喜んでもらえる工夫もします。

おそろいの指輪

昔は、ほとんどの方が式場のものを利用してきました。
そのため、限られたデザインの中から選んできました。
今は、ペーパーショップ専門店があるほどです。
また、インターネットが普及して、ネットショップで購入することも可能となりました。
自分で印刷するタイプのものと、印刷までしてくれるものがあります。
もちろん、印刷込のものは印刷料がとられます。
これらは、一から自分たちで結婚式をつくり上げたいというカップルが増えてきたことも関係しているのでしょう。
自分たちで手作りしたいという気持ちがあるのも過去と現在の違いと言えるでしょう。
自分で印刷する場合は時間がかかります。
また、印刷込のものも期限があり、それをすぎるとお急ぎ料金が発生する場合があるのです。
そのため、時間に余裕のある方にはおすすめします。
一方、式場で頼む場合は、お任せできるので安心できるというメリットがあります。
時間の無い方は、こちらに任せると良いでしょう。